■マンション管理士の勉強法に大切なこと

マンション管理士の勉強法には様々なことが言われています。
「過去問演習が大切」「復習が重要」「テキストをしっかり読み込む」などです。
確かにこれからの勉強法はとても重要ですし、勉強する上で外せない要素です。

しかし、それ以前にマンション管理士の勉強法で最も重要なことは、
どのように勉強するかではなく、何を使って勉強するかということです。

マンション管理士に試験は、通常の国家資格と違い、テキストに書いていることがそのまま出題されることがほとんどありません。
テキストで得た知識を使って、どのように問題を解くか考えさせられる問題です。
ということは、知識をより深く理解しなければいけなく、そのためには元になるテキストがとても重要になるのです。

そしてもう一つ重要なことがあります。 多くの方がここを疎かにするあまり、マンション管理士の試験に合格できないのです。 それが、講義を聴くということです。

テキストというのは全て文字情報ですので、伝えられることに限度があります。
特に市販されているテキストだとページ数やスペース、もしくは様々な利害関係が絡んでくるので、情報が限られてしまいます。
仮に全て伝えられたとしても、それを全て読み解くには読解力が必要になりますし、
ページ数も膨大になり、途中で挫折してしまう恐れもあります。

それ比べ、講義の場合だと、試験ポイントはもちろんのこと、仕事に関することも伝えられ、 より試験に対するイメージが沸き易く、理解も早くなります。

つまり、マンション管理士の勉強法を語る上で、
良いテキストと講義を聴くという2つが欠かせないツールになるのです。

そこで、このサイトでは、マンション管理士の効果的な勉強法を伝えていきますが、それと同じくらい教材についても触れて行きたいと思います。

これから、マンション管理士に試験を目指すあなたは参考になる勉強法です。
少しの間だけお付き合い下さい。